マンスリーメッセージ バックナンバー
  2013年 5月のメッセージ

   皆さん、こんにちは。ちまたではゴールデンウィークで各地に出かけられた方も多かったかと思いますが、如何お過ごしでしたでしょうか?
お天気も良く、畑作業には持ってこいということで、私は、農園の方のお手伝いや来客などで相変わらずお仕事の日々でした。

先月、新たなステージが始まるということを書いたと思うのですが、4月後半から5月にかけて、新たな扉が開き、新しいステージは確実に進行していると感じます。
一見、物理的に身の回りの状況は何も変わらないようなのですが、自分の向かい方、思考の仕方の違いで、次に起こる現象に違いがあることが顕著に現われてきていると思うのです。

これは私たちの背景にある大きな自然の摂理、宇宙の法則の力が働いているからだと思います。
どのような状態の自分でいるか、物事に対してどのような向かい方をしているのか、どう進もうとしているのか・・・によって、その背景にある宇宙のシステムは、そのエネルギーに連動し、調和し、そのエネルギーが次の形を創造するということが常時起きて、現象が現われています。

時代と共に、人間の価値観や概念、常識というものは変化をしてきていますが、今から先の時代は、より一層、その人間の概念を自然の摂理、宇宙の法則に則した価値観や概念に変えなくてはいけないのだと思います。その働きが、顕著に今の現実を引き起こし、次の未来を創って行きます。

今ある自分の状態、目の前に起きている事に対する自分の向かい方、捉え方、それによる思考の仕方によって、この新たなステージは、心躍るような楽しく大きな飛躍のステージにもなれば、とてもつらく生きづらい苦しいステージにもなると思うのです。

もちろん、私は前者の方が良いと思うのですが、そのためには、やはり今までの概念や思考を大きく切り替え、新しい自分になったつもりで、物事に向かう必要があると思います。
今、日々起きている出来事、日常のささいな事から大きな問題と思われることまで、様々な事がありますが、全ての事において、自分の向かい方がキーポイントとなってきます。
今までの思考の仕方を切り替えるということを強く念頭においた上で、ショックな出来事やいやだなぁと思う出来事、すべての出来事に対して、肯定的に受け止め、「これが起きてよかった」と思える見方を探ってみて下さい。自分にとってイヤと思う物事が起きた時は、当然、感情が動揺したり、腹が立ったり、傷ついたりと反応しますが、そんな自分を客観的な自分が認めた上で、次の先ほどの作業に入るのです。

「起きたことがダメではない。」という概念を徹底させ、肯定から入るという向かい方をクセづけることはとても重要なことです。
物事が起きたすぐは、今の自分が理解できなくても、とにかくその出来事を肯定して受け止め、「よくない事が起きたと思っている自分の概念に何か問題があるのでは?」と向かってみるのです。
そこには、今までの古い概念とは違う考え方、概念が生まれてくるはずです。
今のステージは、かなり加速していますので、なかなか自分の意識や思考がついてこれないかもしれませんが、感覚的に感じることの方が、この新しいステージに則していると思うので、今までの思考の仕方にこだわらず、早めに時間をかけずに切り替えて行くことが大切です。

大きく時代が変わる時というのは、新しい技術や科学、文明、価値観というものが大幅に進化し出現、変わって行く時です。当然、今まであたり前と思ってきたことが真逆に近いほど変わったり、新しいやり方、想像を超えたスタイルというものに変わって行くわけですから、今の概念で理解できないことや予測できなくても普通のことだと思います。言わば、その方があたり前かもしれません。

しかし、理解できないから今までの方が良いということではありません。
確実に変化し続けている背景の中で、自分の向かい方を変え、概念を切り替えることで、新たな手法やアイデアに必ずつながるものだと思います。
今までとは違う新たなステージを歩き始めているのだと思って、自分のあり方、向かい方、概念を変えて見て下さい。宇宙のシステムに則した、自分自身でいることで、どのような現実が自分に還ってくるのかがわかるはずです。それは必ずこれからの自分にとって良いことのはずです。

新しいステージは始まっています。どのような向かい方の自分であるかによって現実は180℃も変わります。
宇宙の法則は不変です。その時その時で、起きる現象の意味が自分にとって都合の良いものかそうでないかは人間側の概念によって変わります。
起きていることがこれから先の自分をより良い方向へ導くためにあるとするならば、日々起きている出来事は、すべて正解であり、必然です。問題が発生したのであれば、それを良くないこと、困ったことだと考えている自分の概念に問題があるのです。
問題を肯定的に受け止め、自分の中の概念、その出来事をどう捉えたら良いのか、今の自分の見方の何を変えたら良いのかを掘り下げ、「ああ、そうか!」と感覚で合点が行くように概念を切り替えることがとても重要だと思うのです。

私のところの農業をやる中でも、ここのことろ自分たちの概念、向かい方を修正するようなアクシデントがいくつも起きました。自然相手の畑作業は、自然の摂理、宇宙の法則がストレートに顕著に現われますから、あきらかに人間側の概念の方を変えなさいと言われているように感じます。その出来事をどのように捉えて、問題を問題ではなくし、良いと思える方向へと転換したかは、またの機会にお話ししたいと思います。ラジオになるかもしれませんが、皆さんの参考にして頂ければと思っています。

捉え方、思考の切り替えは、日々意識して練習する必要があると思います。クセづけて、より早い切り替えで、新たなステージの加速の波に乗って行きましょう。


『問題はあなたが直面している現実ではない。
その現実に向き合っているあなたのあり方が問題なのだ。』


by 杉本 貴子


■ (有)プラネットHP トップページヘ (※新しいウィンドウで開きます)
■ マンスリーメッセージへ (※新しいウィンドウで開きます)