マンスリーメッセージ バックナンバー
  2013年 2月のメッセージ

 皆さん、こんにちは。2月も節分を過ぎ、本格的に2013年の波に突入と行った感じでしょうか。
20世紀ではなく、21世紀の波は確実に進行しています。
権力を笠に着て、黒いものを白のように見せかけたり、圧力や脅迫観念で人々や物事を封じ込め、何とか今までの自分の地位や物質を保守しようとする古い体質も徐々にその真実があばかれ、壊れて行く方向に動いています。そのような出来事がさらに多く起きてくることは自然の流れと言えるのでしょう。

今の時代、そしてこれからの時代にとってますます必要のない古い体質、すなわち、その体質を作っている古い概念、価値観は捨てる、変える必要があります。
自分がどの立ち位置で物事を観ているのか、考えているのかが非常に重要です。
良くない古い概念に従って物事を判断しているのか・・、後ろめたさのない真実、本来の価値観に立って物事を判断しているのか・・、自分がどの方向を目指して進もうとしているのか?

最初に述べた自分さえ良ければ良い的な考え、堂々と胸を張れないような20世紀の思考、概念の上に立っていれば、自ずと足をすくわれ、21世紀の波には乗れない、発展して行かないということになります。

あなたは今、どちら側に立っていますか?自分自身がどんな価値観、概念に基づいて物事を捉え、思考し判断しているのかを意識して観てみましょう。
その中で、不要な概念や執着は、きっぱりと捨て去り、変えた方が良いものは変え、意識的に自分の概念のデータを書き換えることは今、とても重要です。

日常、慌ただしく日々が過ぎて行きますが、自分の概念を切り替えるためにも自然の中に出てみましょう。
雑多ないろいろなエネルギーが充満する中だけにいると、狭い限られた思考になり、広い視野や価値観を見失ってしまいがちです。
自然の中に身を置き、自然界のエネルギーに触れることで、不要な概念に気がついたり、狭い思い込みの概念や思考がゆるんだり、あらためて大切な価値観に気づいたりと、大自然の力というものは偉大な調和のエネルギーを持って、私たちに働きかけてくれます。

私たちは、この広い宇宙の中で、地球という場所を借りて生活をしています。自分だけでも生きられない、家族だけでも生きられない、人間だけでも生きられない、多くの命や自然の働きによって生きて行くことができています。人間が一番偉いわけでもなく、何でもできるわけでもない。それなのに、他人との境界線を勝手に引き、利己的に物事を考え行動する。さらには、人間の都合ばかりを優先し物事を進めようとする。そんなことで宇宙の調和の波に乗り、発展的な方向に進むはずはないのです。狭い視点で生きていると一番肝心な大きな摂理に気づかず、無知がゆえの愚かな行動を招いてしまいます。結果、自分で自分の首を絞めることになってしまうのです。

もっと大きな視野、視点に立ち、全体の中の一部としてどのような生き方をするべきなのか、どうやって宇宙の中で調和をとって行くのかという観点から物事を考えて行く必要性があると思います。

自分の心を開き、穏やかな心持ちで自然のエネルギーを感じてみて下さい。自分の内にある魂が共鳴し、魂の想いや気づきをもたらしてくれるかもしれません。自然の調和のエネルギーの中で、自分のバランスを整え、宇宙の摂理に基づいた概念に修正して行くのです。

自分の内から湧きあがる感動や思考するのではなく感じるということはとても重要なことです。日頃から損得や計算での思考ばかりを意識していると、「感じる」ということに気づきずらくなってしまいます。
しかし、魂は感じるということを通して自分の意識に様々なメッセージを送ってくれます。魂は宇宙のエネルギーと連動しており、宇宙の摂理や未来のヒントをもたらしてくれています。

脳のデータにある狭い概念を基に思考をしていても過去の価値観にしばられ、新たな未来の創造はしがたくなります。自分の不要な概念や執着に気づきどんどん入らないものは手放してしまいましょう。

あなたの創造したい未来を形づくるためには、その基になるエネルギーである概念、価値観がどんなものであるかにかかってきます。
より発展的な未来を創造することを目指して、それに伴う概念、価値観に意識的に切り替えて行きましょう。

by 杉本 貴子


■ (有)プラネットHP トップページヘ (※新しいウィンドウで開きます)
■ マンスリーメッセージへ (※新しいウィンドウで開きます)