マンスリーメッセージ バックナンバー
  2012年10月のメッセージ

朝晩はめっきり涼しくなりましたが、日中との気温差も大きく、体調管理には気をつけないと風邪をひいてしまいそうな感じです。今の時代は何事においてもそうですが、自分の身は自分で守るといったことが必須となってきました。「あたり前」と思っていたことが「そうではない」とか、何が起きるかわからないという状況になっていますから、自分の感覚で“何をどうするか”をその時、その時で判断し対応しなくてはいけません。過去の前例や古い概念に縛られていると、その感覚を見逃すか、それを感じていたとしても思考に縛られ、感覚を無視してつまらない思考に従ってしまい、大切な「今やると良いこと」を逃すことになり、結果、思わしくないということになってしまいます。
そうならないためにも自分の感覚(思考から発生する感情ではなく)には敏感に、常に内なる声に目を向けて決断をしていくことは非常に重要です。

さて、いよいよ今年も後半になってきたという感じがします。8月、9月は様々な見直しや修正する出来事があったのではないでしょうか。
新たなステージに進むためには、それに見合う修正、意識の切り替え、視野の拡大が必要となったのです。その準備を着々としてきたはずなのです。あまり心地良いものではなかったかもしれません。大きな転換期には大きな意識転換が必要となります。ですから「まいったな〜・・・」という出来事が起きたことでしょう。
あなた自身の内側の意識を次のステージを行うためのあなた自身に整えましょう。
より発展的に進むためにはあなた自身の物事への向き方が重要です。打算や損得、見栄や権力、周囲への体裁、古い概念への執着からくる考えや発想ではなく、自分の真実の想いが大前提で、争うのではなくそれぞれを生かす方向、視点に立って物事を考えることが必要であると思います。

この向かい方が、この後半から来年にかけて発展的な創造を築いていく上でとても大切です。

そして、今月は、自分の新たなステージの展開にあたって、人とのつながりがひとつのキーポイントです。今までのステージに終わりを迎え、新たなつながり、ステージ展開の気配を感じている方も多いのではないでしょうか。
自分の本気、本心で進みたい方向を打ち出し、それに関わってくる人、今年の後半から来年以降にかけて共に進む人たちのつながりが現われてきています。
今までのステージ終了に伴い、離れる人もいれば、新たな出会いもある。今つながりのある人とさらに深くつながったり、つながり方の形が変わったりと新しい展開に向けてきちんとつながる必要があります。
そして、あなたがつながりたい人とは積極的にお会いしたり、情熱を持って想いを語ってみましょう。
そうすることで、明確なつながり方が見えてきたり、新たなプロジェクトや構想が具体化していくことでしょう。それは、来年への展開を大きく左右することとなるかもしれませんので、今月はとても大事なポイントです。

あなたの想いや構想をできるだけ具体的に表現し周りの人たちに伝えてください。それに関わろうとしている協力者たち(意識は気づいてないかもしれませんが魂レベルでは待っていますよ)が、あなたとつながり、次のステージで共に進むことになるでしょう。
それは、あなたにとって大きな変化であり、発展であり、拡大へと進化していくのです。

自分自身と真剣に向き合い、全てのものにハートをオープンにして、今月を大切に過ごしてくださいね。



by 杉本 貴子


■ (有)プラネットHP トップページヘ (※新しいウィンドウで開きます)
■ マンスリーメッセージへ (※新しいウィンドウで開きます)