マンスリーメッセージ バックナンバー
  2012年9月のメッセージ

まだまだ暑い日が続いていますが、朝夕の風や空には秋の気配が増してきました。8月31日にはきれいな満月を迎え9月がスタートしました。
皆さんそれぞれの8月はどんな月だったでしょうか?見直し、修正は終わりましたか?
まだその最中という人は、足元だけを見るのではなく、高い視点から見直し、修正を引き続き頑張ってくださいね。本来の自分が目指す方向、ビジョン、理念、自分の芯の部分となるものを明確にすることで、自分自身の強さを強固にして行くことが大事です。

今年は変化、変革の年です。これから目に見えて善くも悪くも様々な変化が現われてきます。変化が起きるということは、それに伴い、動揺、衝撃、歓喜、悲しみ、怒り、迷い、などの様々な感情が起こりうるということです。自分の信念や芯の部分が強固でないと、外からの刺激に振られ、動揺し、どこへ向かって進むのか、どう判断したら良いのかがわからなくなってしまいます。

自分の内なる魂が求める方向を自分自身と向き合い、余計な概念や執着を取り除いたところで素直に感じる思いや価値観、方向性を打ち出てみましょう。
「我成すことは我のみぞ知る」 自分の芯を強くして、見直し、修正したことへと一歩踏み出す時です。自分で自分の人生の舵を切り、修正したことをしっかりと実行して行きましょう。自分の意思を持って、踏み出し、行動すれば、必ずその結果が現われます。

自分の魂の意向と意識が同じ方向を向いていれば、必ず事は発展的な方向に進みます。先月、調和のエネルギーが取れた時、物事は進むということを少し書きましたが、これも自分の三位一体の調和ともいえます。そして、自分と他の人たち、自分と他の命たち、自分と自然、人間と地球・・・などあらゆるところにおいて調和のエネルギーというものが存在し、宇宙には調和のエネルギーしかありません。(どのバランスで調和を取ってるかは、その時々で常に変化をしていますが。)
21世紀は、その本来ある調和のエネルギーの法則に則った時、結果が形となってすぐに現われやすいです。その逆であれば、非常に閉塞的な状況になって行くことになります。すなわち、あらゆる変化は加速し、現象となって現われてきます。

自分の魂のエネルギーは自分の内に存在し、感じることができます。その自分の魂の想いは何を欲しているのでしょうか。そこには自分の成すこと、役割が必ずあります。別に大そうなことをやれと言っているわけではありません。一人ひとり成したい、経験したい体験がそこにはあると言うことです。その体験を通じて、自分自身の達成感や充実感、満足感、至福感、存在感など、お金では買うことができないその込み上げてくるすばらしい感覚のエネルギーは、本来、人間の求めているものであり、それを味わうと同時に、宇宙の中の自分の存在やその壮大なる宇宙のシステムを垣間見ることになるでしょう。

この地球の中で、一人ひとりの魂の存在価値があり、その役割を果たして行くために魂の同意があり、お互いの成長を促し助け合っています。偶然に見える必然の出来事、自分以外の様々な魂たちのおかげで、我が成す事ができるのです。お互い様ということです。意識の見解はどうあれ、そこには魂同士の調和があります。
目に見えずとも、この宇宙の摂理、システムが確実に働いているおかげで私たちは存在し、生きています。
今一度、自分の方向を明確にし、自分の意思を持って、新たな一歩を踏み出して行きましょう。自分から自分の求めることを発信、投げかけた時、そのあなたに協力する同意をしている魂たちはそれに応えてくれることでしょう。あなたがボールを投げなければ返ってきません。投げたボールは必ず何らかの形で自分の元へ返ってきます。これも宇宙の法則。

あなたはどんなボールをこの宇宙に投げるのでしょうか?
見直し、修正したことを一歩踏み出し、きちんと行動していく。そう実行したことでどんなことがまた現象となって起きてくるのかを楽しみにしながら今月を進んで行きましょう。
変化は大きくなってきています。自分の予想以上の結果や出来事が起きても不思議ではありません。自分の想いが明確で大きいのなら、遠慮せず、大きな望みを投げかけ、受け取って行きましょう。^^



by 杉本 貴子


■ (有)プラネットHP トップページヘ (※新しいウィンドウで開きます)
■ マンスリーメッセージへ (※新しいウィンドウで開きます)