マンスリーメッセージ バックナンバー
  2012年8月のメッセージ

毎日、暑い日が続きますが、皆様お元気ですか?もうお盆ですね。お盆を過ぎると朝晩はぐっと過ごしやすくなります。ここ数日、夜は風が涼しくなってきましたので、少しづつ季節の移り変わりを感じます。

この5、6、7月と新たな流れの中で、新しいことにトライしたり、新しい環境、新しい人とのつながりが始まっている方も多いと思います。そんな中で、思うように進行していない、ちょっと足踏み状態という感じにストレスを感じている人もいるかもしれません。

7月のメッセージで、もう一度自分のビジョンや哲学、目的、何をしようとしているのか?という自分の芯の部分を明確にし、自分と向き合いましょうということをお伝えしましたが、その自分の目的は認識できたでしょうか?8月は、それも踏まえ、ここで一旦、全体を見直し、修正し、9月からの動きに向けて準備をする時期であると思います。自分のビジョンに照らし合わせ、足元ばかりを見ている状態から、大局を見て自分の方向を修正、準備をする必要があるのです。

5月から「よし!」と気合を入れ、新たに前を向いて前進してきたいろいろなことが、ここで見直し、修正し、整えていよいよ本格的な動きに向けて展開していく時です。

イライラしたり、焦ったり、落ち込んだりとまだまだ一気に結果へと結びつく段階ではないと思いますが、「すべては順調に進んでいる」という前提の上で今の状態があるということを念頭において、今の自分の進行状況を見まわし、足元の損得を見るのではなく、自分のビジョンに照らしわせた見直し、修正を行いましょう。

「思うように進んでいない」には理由があります。この新しいステージ、波の中では、「調和」というエネルギーがとても重要です。一言で「調和」といっても様々な調和があると思います。
まず、自分自身の調和、意識と体と魂の調和です。内なる自分の行きたい方向と意識の自分との食い違いや意識と体の食い違いで体を酷使しているなど。いずれも自分自身のバランスを大きく崩していれば、ストレスとなり歪も出てきます。

そして、人と人との調和や仕事1と仕事2のバランス、農業で言えば、人の意識と自然の働き、作物や虫との調和・・・様々なところですべてにおいて調和というものが成されています。
その調和の状態が物事の進行を左右していると言っても過言ではありません。
今の自分の状況をその調和という観点からみてみて下さい。どうしたら調和という状態になれるのか、調和がとれるように変えてみることで、物事は進み始めるかもしれません。

9月からの動きに向けて、今を見直し、修正し、準備をして行きましょう。

 


  

by 杉本 貴子


■ (有)プラネットHP トップページヘ (※新しいウィンドウで開きます)
■ マンスリーメッセージへ (※新しいウィンドウで開きます)