マンスリーメッセージ バックナンバー
  2012年4月のメッセージ

 皆さん、こんにちは。3月のメッセージアップがありませんでしたので、久しぶりのメッセージとなりました。お元気でお過ごしでしょうか?

3月は2月に書いたメッセージを粘り強く継続する月でした。「反発しない、肯定的に受け止める」「今、起きたことがきっと最善である」という視点に立ち、物事を観るということが今年はとても重要なので、それをクセづけるためには根気よく、その基本を常に自分に確認しながら進むことが必要なのです。
再度、2月のメッセージを読み返してみると良いでしょう。自分を整え、いよいよ5月からの本格的な動きに向けて備えて下さい。新たなステージを進むためにはその視点に立てる自分でいなければ事は展開して行きません。

4月いっぱいまでに自分の向かい方、視点を整えて準備をしましょう。人それぞれ、新たなステージのための準備が進んできているはずです。11月〜4月にかけて、少しづつ変化が起きているはずです。「その視点ではだめだよ」という事は、その都度、何かを変えるように事が起きていると思います。
そうやって、準備を整えているのです。
今は、準備期間ですから焦りは禁物です。目に見えて新しい何かの要素が出てきている人もあれば、具体的な事は見えてないという人もいるでしょう。
どちらにしても、あまり焦って先を急ごうとしても、かえって無理強いをした反動やひずみが出てしまいうまく進まないものです。

宇宙や地球のサイクルに逆らってもうまく行かないのです。その歩調に合わせ、同調することで、逆に早く、実りある成果を得られるというのが宇宙のシステムというものです。
例えば、土から芽を出した植物は光合成をして成長して行きますが、太陽がないところで早く光合成をしろと詰め寄り、なぜできないのだと焦ったところでどうしようもありません。
物事には段階や時期があり、それぞれの準備が整わないと次の事は起こりません。

今は、本格的な新たなステージの展開に向けて、自分自身の準備をしておくときです。
必要のない概念や思考は捨て、「今が最善」という視点に立って物事を見、思考するように努めてみて下さい。そうすることで何かに気がつき、変化することが自ずと現れるかもしれません。
その基本の視点を常に確認しながら、今、目の前にあることに集中して一つづつをこなして行きましょう。やっつけ仕事にならないよう、今に集中し、スピーディーに確認しながら日々を進めることです。
その積み重ねをすることで、自分の中の準備が整い、次の扉は自動扉のようにすう〜っと開き、新たなステージが始まることでしょう。

次の自分のステージの展開を楽しみにしながら、気にかかることには手を抜かず、ちゃんと向き合い、基本の視点に常に立ち返りながら5月を迎えて下さい。

by 杉本 貴子


■ (有)プラネットHP トップページヘ (※新しいウィンドウで開きます)
■ マンスリーメッセージへ (※新しいウィンドウで開きます)