杉本貴子から皆様に贈るバイウィークリーメッセージ バックナンバー
  12月のメッセージ  

今年も師走に入りました。あれっ、もう1年経ったの?という感覚ではないでしょうか。
皆さん、先月の「今、順調に進んでいる」という思考に切り替えるというキーポイントを覚えていらっしゃいますか?実行されているでしょうか。あのメッセージで気持ちが落ち着いたというお声も多く頂きました。

今までの思考パターンがクセになっていると、なかなか切り替えることが難しいかもしれませんが、是非、継続して下さいね。自分が来年をどのような展開にして行くのかを左右して行くことです。思考の仕方や視点が変われば、発想、行動も変わります。新たな未来に向けて、新しい創造をして行くことができます。今までの概念、思考パターンに捉われていれば、同じ結果、いえ、それよりも閉塞した結果になっていくだろうと予想ができます。

国内、世界情勢は、ますます変化が激しくなりそうです。大事がいつ起きてもおかしくない状況下であると思いますし、来年に向けてますます大きな変化は進んで行くことでしょう。
しかし、局部的に見ればつらいと思う現象も、大局を見れば、次のより良い未来のために必要な過程、変化であると言えます。
これは、個人それぞれの出来事でも同じことです。何かが起きるからこそ、変えようとすることができる。変えた方が良いということに気がつくことができるのです。
今ある状況を拒絶、否定したり、見ないふりをするのではなく、まずは受け止め、「これは起きた方が良かった何かの理由がある」という視点からどうすれば良いのかを考える。その思考パターンをクセづけるようにするのです。
そう、ですから「すべては順調に進んでいる」のです。これを継続して行きましょう。
今月は、来年の変化が自分にとってより良い変化、展開とできるように自分を整えて準備をして下さい。これで思考することをクセずける練習をして下さい。

深呼吸を何度もして、自分と向き合い、自分の内側のエネルギーを整えましょう。外ばかりに気が向いていると、気が散漫になり、自分の真実の想いが感じられなくなってしまいます。来年に向けて、自分がどのような方向に向かって進んで行きたいのか、何を求めているのかを感じてみて下さい。思考するのではなく感じてみるのです。外からの影響を遮断して、自分と対話をしてみましょう。
「すべては順調に進んでいる」の考えの下、自分の内側のエネルギーを穏やかで安心のエネルギーで満たし、自分がどうしたいのかを見つめてみましょう。

人のせいとか、人任せではなく、自分が決めて、自分でやるということがとても重要です。その時、自分がどうしたいかがわからないと進めないし、生き辛くなります。
今までこうだったからとか、〜しなければならないという思考は、いっそのこと捨ててしまいましょう。今から人生が始まったとして、自分はどう生きたいのか、どうしたいのかに向き合い、心が感じることに目を向け、自分自身を整えてみて下さい。

今、生きている私たちは、新たな時代を築く一員なのです。一人ひとりがそのカギを持っているからこそ、今、ここにいます。すぐそこまで来ている未来に夢を抱き、今、自分が何を思考し、どう生きて行くかで全体は変わって行きます。
まずは、自分本来の自分を思いっきり生きること、それがよりすばらしい21世紀を創るための一人ひとりの役割となるのです。

大いに変化をして行きましょう。ワクワクと勇気を持って。
あなたの変化は、世界の変化となり、新たな時代の創造となる。
by 杉本 貴子


■ (有)プラネットHP トップページヘ (※新しいウィンドウで開きます)
■ 杉本貴子から皆様に贈るバイウィークリーメッセージへ (※新しいウィンドウで開きます)