マンスリーメッセージ バックナンバー
  10月のメッセージ(2011年10月1日)

 心地よく過ごしやすい陽気になってきました。肌寒くさえ感じるこの頃です。季節はめぐり、着々と時は移り変わっています。

様々な変化が生じ、またさらなる変化と進化に向けて事は進行しています。
益々、今までの既成概念で物事を考えていると事は行き詰まり、行く先に希望の道は見えず、しぼんで行ってしまうような気配が色濃くなってきています。

過去の通常、常識や狭い概念は一切取り払い、何もないところ、1から事を創り上げるつもりで物事を考えた方が得策です。
今ある生活、仕事、経済、すべての今やっていることは、今までの延長線上にありますから、思考も今までの延長線で考えてしまいがちです。すなわち、同じ思考回路で考え、同じ行動の繰り返しになります。それでは、今ある状況を変えよう、今とは違う未来を創造しようとしても無理になってきます。目指す目標や方向に向けて、今までとは違う視点、考え方、やり方に変化して行く必要があります。
今と同じ事をしていては、その延長線上にある未来も大差ない同じ自分がいるのです。

自分の狭い概念、通例に固執せず、新たな視点から新しい発想、やり方を見出して行かねばなりません。
時代が移り変わろうとする時、大胆な発想、思いもかけない視点から未来に通用する手法、常識というものが生まれます。新たな未来を創造して行くのですから、当然のことなのですが、慣れ親しんだやり方や今までの概念にどっぷりと浸かってしまっている人たちにとっては、その概念を捨てることに抵抗を感じ、臆病になるものです。
しかし、そのままずるずると時が過ぎれば、苦しくなるばかり、時代は移り変わって行きます。

自分の行きたい方向に向けて、確実に行動をして行きましょう。
想っているだけ、考えてばかりではなく、行動してみることです。
今やっていることは、もっと効率的にこなせるようしましょう。短時間で集中してやれるようにしましょう。そのためにどうしたら良いかを考え、何か違うやり方を見つけたり、そう想ったらやってみるということをどんどんやりましょう。

新たな未来の創造に向けて、どんどん新しい視点、概念を取り入れて行く必要があります。そのためには、今の自分がいっぱいいっぱいでこなしているという状況ではいけません。広い視野、視点に立てる自分、ゆとりのある自分が必要です。

新しい何かを得る、創造して行くために、今までとは同じ行動ではなく、今のままで良いと思っていることも様々な角度から一度見直して見ましょう。何か違う発想や手法が湧いてくるかもしれません。
時は早く進行しています。一つ一つの事に集中して、スピードアップです。そして、捻出できた時間は、新しい試みや行動をして行きましょう。それが、さらなる新たな未来を創造して行く一歩となって行くのです。新たな概念を取り入れ、新たなチャンスに出会うことになります。

受身や待ちではなく、どんどん行動してみましょう。新しい変化を試みましょう。やりながら考えれば良いのです。思考しているうちにどんどん時は流れて行きます。やりながらどんどん変更して行けばいい。その積み重ねが大きな結果となり、あなたの変化した未来の現実となるのです。


■今日、昨日と同じことを考えれば明日も同じことが繰り返される。
もし、明日を過去のコピーにしたくないなら、今のあなたが変わることだ。

by 杉本 貴子


■ (有)プラネットHP トップページヘ (※新しいウィンドウで開きます)
■ マンスリーメッセージへ (※新しいウィンドウで開きます)