マンスリーメッセージ バックナンバー
  選択の自由

日々の自分の選択の積み重ねが自分の未来を創っています。私たちは、刻一刻と何らかの選択をし続けて生きています。

まず朝、寝床から起きるという選択をして1日が始まります。顔を洗う、歯を磨く、水を飲む、朝食を食べる、テレビをつける、・・・・全て自分がその行動を選択してやっていることです。自分がそれをしようと決めなければその行動をすることにはなりません。

日々、日常には様々な選択肢があります。朝食を食べるという選択もあれば食べないという選択もある。いやいやであっても何でも、全ては自分で選択しているのです。
くさりに繋がれてムチを打たれ、逃げられない状態で無理矢理やらされていない限りは、自分の選んだ行動です。

日常の様々な選択には習慣化しているものもあれば、その都度、意識的に選択することもあります。
いくら習慣になっていたとしても、自分の意志でそれをやらないと選択すれば、そのようになります。

全ての選択は自分自身に委ねられています。この宇宙の中で強制的なものはひとつもありません。自分の意志において自由な選択ができるのです。全ての選択のカギを握っているのは己であり、やらなければならないというものは何ひとつとしてありません。自分の意識が〜しなければならないとそう思うだけです。

人は、未来にこうなりたい、幸せになりたい、結果を出したいと願いますが、今、選択している自分の行動の結果が現実となって現われているのです。願っている結果とそのために行っている行動が随分と食い違っている場合が多いように思います。ひとつひとつの行動の選択の積み重ねによって未来は現われます。全ては自分の選択の結果です。

どうしようもない、しかたがない、・・・という言葉をよく聴きますが、そう思ったまま違う行動の選択をしないのは自分自身です。勇気がない、他人から何か言われる、今までそうやってきたから・・・などということを言い訳にして、自分で違う選択をしてみないだけなのです。
自分で何かを選択し行動すれば必ず何らかの結果が出ます。その結果を見てまた次の選択をして行きます。本当に自分が求める未来、得たい結果を現実にしたいのならば、その結果になるような行動を選択しなければいけません。自分がやらなければ何も変わりません。

例えば、外出する時、自宅マンションのエレベーターで同じ住人と一緒になったとします。「おはようございます。」と挨拶するも、会釈だけするも、全く知らん顔をするも自由です。どの行動を選択し行うかは自分の自由ですが、その選択した行動によって招かれる結果は様々です。挨拶をすることで心が和みいい気分になったり、相手が笑顔になったり、もしかしたらそれをきっかけに友達になる、ビジネスチャンス、何かに発展するということも起こるかもしれません。
無視をすれば、お互いの心は何となく重く気まずく、“感じ悪い人”と思われているかも知れませんし、何か心地良いことに発展することもないでしょう。

日々日常の中では、この些細な選択にはあまり意識が向いていないかもしれませんが、この自分の日常の選択の積み重ねにより、自分の今の現状があることは間違いありません。

今の行動の積み重ねが結果となって未来となっているわけですから、何か行動を変えない限りは今の延長線上のままということになります。

自分の求める未来像や成果があるのであれば、その結果につながる選択をしなくてなりません。全ては選択の自由が与えられている自分自身にかかっています。

どのような結果を得たいのかを明確にし、その結果を得るための行動の選択をすれば、自ずと結果は出ます。大きな選択をする時もありますが、日々、日常の中にある数え切れないくらいの選択に意識を向けて、意識的に選択し行動することがいかに大切であるかを自覚し、実行することで、徐々に現実が変化し始めます。

自分から先に笑顔で挨拶をするだけでも、周りの反応は変わります。思わぬラッキーが返ってくることもあるのです。

どのような人生にして行くかは全て自分次第、自分の選択によってどのようにでも変化して行きます。
無理とか、しかたないとか思っているのは自分の概念であり、自分がそう選択している限り、変わることはありません。

他人が選択したことを受け入れることは、ブツブツ言いながらも楽かもしれません。結果が思わしくなければ他人のせいにできます。自分が選択したんじゃないと逃げ道にできるから楽なのです。でもそれを受け入れたのも本当は自分の選択ですから、自分の責任なのですが。

自分で選択するということは自分の責任となりますから、しっかりと自分の人生に向き合うことになります。選択の自由がない方が楽な人もいるでしょう。
自由であればあるほど、自分の責任は増えます。その代わり自分の意志で変えることができます。他人が選択したことを受け入れるだけの人生にしたくない人は、自分で選択し創造して行かなくてはいけません。

全ての人にその選択の自由は与えられているし、自分で創造して行く人生の方が楽しいはずです。違うと思えばまた違う選択をすればいい。人生はその選択の連続です。

選択を他人に委ねていると変化はなかなかしずらい。相手が違う選択をしてくれない限り、自分の人生はそのままなのです。

全ての選択は我にあり。私たちは何をどう選択して行くかの自由を与えられているのです。

自分の選択で自分の求める未来を創造して行く人生を是非、楽しんでもらいたいと思うのです。今生の人生には限りがあります。どんな人でも例外なく終わりが訪れます。その時期もまちまちだと思います。限られた時間の中で、自分の人生を大いに謳歌するために意識的に選択をしてみましょう。

by 杉本 貴子


■ (有)プラネットHP トップページヘ (※新しいウィンドウで開きます)
■ マンスリーメッセージへ (※新しいウィンドウで開きます)