マンスリーメッセージ バックナンバー
   2011年2月19日のメッセージ

 2月も半ばを過ぎました。今月は28日までなので余計に1ヶ月が短く感じますね。昨日は満月で低い位置に大きなまん丸のお月様を見ました。何だかうれしくて得した気分になります。

さて、月初めに思いやりのメッセージを書きましたが、皆さんは何かアクションを起こされましたか?
身近な家族、恋人、会社の人、そして、全く見知らぬ人・・・自分に関わる誰かに思いやりの表現をしてみましたか?何事も思うだけではなくやってみることが大切です。表現する、行動してみることから物事は変わり始めます。

本心で思っていることがあるのに表現できない、多くの人にあてはまることだと思います。
ついつい相手に合わせてしまう、こんなことは言えない、こうした方がいいだろうから本当はしたくないけどしてしまう・・・よくそんな話を耳にします。
では、なぜ本心ではないこと、本当の自分ではないようなことをしてしまうの?
それは、そうすることがいいんだという思い込みの概念があるからです。そうしていることで他人から良く思われるだろう、そうした方が他人から愛されるから・・・という自分の中に植え込まれた思い込みの概念です。

例えば、若い頃には良くありがちなことですが、女の子がおとなしくて、か弱く可愛い感じの方がいいんだ、そうしていた方が男性から好かれるというように思っていて、自分の意見があっても言わなかったりただ相手に合わせるだけだったりと・・・。見かけだけの可愛さを求めてお飾りのような女性を求める男性にとってはいいのでしょうが、芯があり、人間同士のコミュニケーションを求め、お互いが向上・成長できる関係にありたい男性にとっては、最初はいいかもしれないけれど、なんともつまらない人であり、魅力を感じないはずです。ちゃんと自分としての意見を持ち、向上心を持って物事に立ち向かっている人の方がよっぽど魅力的なはずです。そのためには強さも必要だと思いますし、意見の違いがあることなどは当然のことなのです。

本当は自分の意見や強さがあるのに、それは隠して自分ではないお人形のような自分を演じていても自分自身にとっては何の発展性もありません。素敵な男性に出会いたいと言っているのに、ふりをしている自分に寄ってくるのは、見かけの可愛さを求める男性ばかりと矛盾が生じてしまいます。

本心の自分を表現することで、本当に自分の求める人と引き合うのです。
こうしていた方がいいだろうという自分の思い込みの概念によって、本来の自分を出せなくなっているのです。全てにおいて自分と皆が同じ意見というのはあり得ません。違ってあたり前であり、違っていいのです。世界中が一緒なんておかしいですし、それでは地球は成り立ちませんよね。

本心の自分を出して行く事で、本来求めている出会いや、チャンスがやってきます。偽者の自分をやっていても本来の幸せには届きません。
力まず、本当の自分を出していくことが幸せへの近道です。自分の思い込みの概念を変えて行く事で今までできない、してはいけないと思っていたことが、やっていいんだ、その方がいいに変わって行きます。

それは自分だけではなく、他人も全ての人にあてはまることなのです。一人ひとりの個性があり、そして、同じ価値観の人同士は引き合います。
本来の自分を出していく方が、会うべく人に出会い、可能性を発揮して行くことになるのです。頭で損得勘定で考えるのではなく、真に思う想いをちゃんと相手に伝えて下さい。自分を出すことを怖がらないで下さい。本心のあなたのことを待っている人がいるのですから。それに意外に身近な人たちもそうしてみることでその方が良かったということも多いのです。

意見が違ってあたり前、違っていいのです。ただ表現の仕方を気をつけることです。相手を否定したり、強制したり、非難するのではなく、「自分はこうだけど、どう?あなたはそうなんだ・・。」というように相手にもその人の意見があるということがあるだけです。違うなら違うでそれでいい。その人は同じ価値観の人たちと仲間になればいいだけです。それがその人の幸せでもあり進む方向のはず。
だからこそ、自分の想いを押さえて偽者の自分をやるのではなく本心を出して行く方がいいのです。
相手の意見、自分の意見も尊重したコミュニケーションに心がけましょう。あなたのつながりたい人との絆がつながっていくはずです。

by 杉本 貴子


■ (有)プラネットHP トップページヘ (※新しいウィンドウで開きます)
■ マンスリーメッセージへ (※新しいウィンドウで開きます)