杉本貴子から皆様に贈るバイウィークリーメッセージ バックナンバー
   2010年12月4日のメッセージ  

 2010年も最終月、師走に入りました。
この2010年は、皆さんにとってどんな年でしたでしょうか?
自分の中に起きた変化、そして、それに伴って現実に現れてきた変化、一歩づつあなたの目指す方向へ進んでいるはずです。

さらなる、あなたの成長と発展のためのステージに向けて、そのために必要な物の見方や意識にするための出来事や変化が日々起きてきているはずです。
その出来事や変化をポジティブに捉えて、生かす方向で物事を考えてみましょう。
そうして進んできた方は、今年の後半から、うれしい兆しが少しづつ形に見えて現状に現れてきているのではないでしょうか?

自分の方向性、意志を持ち、それに向かってあきらめずに着々と行動して行くことで、次第に大きな現実の変化や望んでいる成果が現れてきます。
何かあるたびに意識を柔軟に、目の前にあることを着実にこなして行きましょう。
1つの物事に今できる全力で精一杯取り組んでいれば、結果にとらわれず、あまり執着しないことです。

自分がその物事に向かう時の姿勢、考え方、意識が重要なのです。目的を明確にし、損得勘定や打算ではない意識に立っている真摯な自分であることが大切です。それで精一杯やったのなら、結果が思わしくなかったとしても、それでOKなのです。そこで反省はしても、くよくよしないことです。「そっか」という感じで次に向けることです。そういう意識のスタンスに立てる自分でいることがとても重要です。

今年抱いた自分の方向性や目的、新たな兆しを、より現実にし成果を実らせるための2011年にして行きましょう。今ある兆しを大切にし、柔軟に創意工夫をしながら行動するのみです。

そして、目指す自分でいるためのつながりを大切にして行きましょう。
自分だけではやりたいこと、発展はできません。自分にとって想いを共有できる人とつながって行くことが大切です。今ある人間関係がそうではないのなら、あなたがつながりたい人を求めましょう。損得や打算で思考するのではなく、あなたの心が求める人とつながり協調して行くのです。

今月は、そんな人たちとご飯を食べたり、お話したりという時間をとってみてはどうでしょう。会ってみたい、話してみたい人を思いきって訪ねてみては?
あなたの心が感ずる人、心から一緒にいたいと思える人たちと会話をし、想いを話し、楽しめる時間を過ごすことで今年を締めくくると、きっと2011年は良いスタートダッシュとなることでしょう。
by 杉本 貴子


■ (有)プラネットHP トップページヘ (※新しいウィンドウで開きます)
■ 杉本貴子から皆様に贈るバイウィークリーメッセージへ (※新しいウィンドウで開きます)