杉本貴子から皆様に贈るバイウィークリーメッセージ バックナンバー
   2010年9月18日のメッセージ  

 随分と朝晩が涼しくなりましたね。あれだけ暑かったのが一気に涼しくなり、あっという間に冬が来そうな気配です。秋の風情を長く感じていたいのですが、どうでしょうか?
暑さもひと段落し、過ごしやすくなると共に、イライラ、だるい気持ちも徐々に消えて行き、物事にじっくりと取り組もうという気になってくると思います。

さて、今年も3ヶ月半となってきました。再度、自分の進みたい方向、なりたい自分、得たい結果を再認識し、その目的を書き記したり、声に出して宣言したりしてみましょう。
何事も、継続こそ力なり。やり続けることで力がついてくるのです。それはやがて自分にとっての自信となり、自分でも思わぬ自分を認識し、また次の扉へと進んで行くのです。

かと言って、次から次へと自分を惑わし、心を傷める問題は日々発生してきます。いい調子に進んでいても、何かと問題はやってきます。自分の感情にふりまわされ、ポジティブでいたはずの自分は何処へやら?一気にネガティブな思考、弱気で後ろ向きな自分、どうでもいいやと自暴自棄な自分でいっぱいになってしまいます。
それではもったいない。せっかく目的や得たい成果に向かって着々と進んでいるのに、自分自身で台無しにしてしまいかねません。

そんな時は、なるべく自分をもう一人の自分が観ているように客観的に自分を観て、自分の目的を思い出しましょう。自分はどういう結果が得たいのかを考えてみましょう。
そして、今、湧いてきている感情を発散し、心をニュートラルな状態に戻すために、一旦、全く違う事をしてみるのです。自分にとっての発散方法をいくつか用意しておくといいと思います。
寝る、運動する、声を出す、ショッピング、ネイルサロン、マッサージ、映画を観る、美味しいものを食べに行く・・・。人によって好みはいろいろあると思いますが、一旦、今と違う状況に自分の身をおいて行動することで、エネルギーの発散や思考を切り替えることになります。

その上で、再度、今やってきた問題の結果を自分はどうしたいのかを考えるのです。
感情にどっぷりと浸かっている自分の思考は短絡的は発想しか浮かばなかったり、偏った視点になりがちです。
自分をまずはニュートラルな状態になるべく近づけた上で、目的を再確認しながらその対処を考えるのです。
自分の意識、行動が結果を招きます。日々、自分で自分の未来を創造しているのです。自分の行った結果が自分に還ってくる。これが宇宙の法則です。
常に自分を客観視するクセを身につけ、なりたい自分、得たい結果を自分で創造して行きましょう。
You can do it !
by 杉本 貴子


■ (有)プラネットHP トップページヘ (※新しいウィンドウで開きます)
■ 杉本貴子から皆様に贈るバイウィークリーメッセージへ (※新しいウィンドウで開きます)