杉本貴子から皆様に贈るバイウィークリーメッセージ バックナンバー
   2010年8月21日のメッセージ  

 相変わらずの暑さは続いており、今年の残暑も長引きそうな気配です。東海エリアでも南国の果物が育つようになり、マンゴーは沖縄よりも2倍、アセロラは7〜8倍もの収穫があるそうです。普段あまり食べることのなかった果物が安く手に入るなど、ちょっとうれしいこともあるのですが、その反面、通常食べる野菜は暑さでダメになり、価格が高騰しています。気候の変化が作物に顕著に現れていますね。これだけ暑いとやはりビタミンCを多く摂取した方が良いので、南国の果物も多く実るのかもしれませんね。

そして、これだけ暑いと体もだるくなり気力も萎えてきます。集中力も散漫になり、なかなか何かに取り掛かろうという気にもなれないものです。こんな時は体の調子を整えきちんと足元を固めましょう。ミスや漏れのないように着実に一歩一歩進めて行きましょう。
何も進んでいないような気がするかもしれません。それに対してあせりを感じているかもしれません。
しかし、確実に前進しているのです。もう一度、自分の信念や方向性を思い出し、確認しなおして下さい。そして、そこに向かって進んでいる自分を信頼して下さい。
すべての道は開かれています。今、どんな問題や障害があろうとも自分の成長、発展のために道は続いています。成長し続けるという魂の目的は決して変わることはないし、あなたを見捨てることも裏切ることもありません。
問題が発生したのなら、今が曲がりかどなのかもしれません。病気になったのなら立ち止まる時なのかもしれません。自分の思うように物事が進まないのなら、階段を上がる時かもしれません。すなわち、意識の捉え方、視点を変化させることで、次の道が見えてくるのです。
自分の成長・発展・幸せという自分のゴールに向かって道は続いているのです。それを誘導してくれている自分自身、魂を信じて下さい。

意識がどう思おうと勝手ですが、誰しもに自分自身が行こうとする道があるはずです。今もそこを歩いているのです。何度も同じ場所を通るのか、もっと遠くまで行くのかは自分の意識次第です。自分が見えていなくても道が続いているのは事実なのです。
自分の想いを信じて進んで下さい。ゆっくり落ち着いて、自分がキャッチする想いを大切にして一歩ずつ前進するのです。その想いは道しるべになります。思考で損得やあれこれ考えず、意識をできるだけ制限することなく自由にしてあげましょう。限定すれば、目の前の階段も見えてきません。信じる者は救われるというのはこういうことですね。

自分の信念を信じて、着実に行動して行きましょう。自分の心を整理して、想いや今、考えていることを書き出してみるといいですね。ただ何となく考えていても脳のデータだけで思考してしまったり、漠然としてしまいます。いろいろなことを書き出してみることで、自分の想いや優先順位、方向性や修正点などに気がつけるはずです。そして、それは自分を信頼できる安心感にもなると思います。

自分のまだ見ぬ未来を楽しみにしながら、確実に現実にしていくための意識の向け方、行動を少しずつでも続けて行きましょう。そこには、必ず新たな道が生まれ結果となり、どんどん自分で創造して行くことができます。
by 杉本 貴子


■ (有)プラネットHP トップページヘ (※新しいウィンドウで開きます)
■ 杉本貴子から皆様に贈るバイウィークリーメッセージへ (※新しいウィンドウで開きます)