杉本貴子から皆様に贈るバイウィークリーメッセージ バックナンバー
  2009年10月3日のメッセージ  

 月が変わり10月、季節の移行時期から次の季節へ本格的にシフトした感じです。プラネットでも、本日からヒューマンクリエーションスクールのエッセンスコースがちょうどスタートし新しい動きが加わりました。昨日は、ラジオの悩み相談室を少しリニューアルし、「悩み相談&気になる出来事」と題して開始しました。
いろいろ行動してきた中から、より良い方向へ進むための欲求や思いが湧き上がり、それに従って修正したり、違う事をやってみたりと行動に移してみるのです。人はそうやって変化、成長して行きます。

最初に決めたからずっと同じでなければならないということはありません。自分の成長に伴い、変化して行くのはあたり前のことです。同じである方が難しい。
自然とは変化するのが常であり、それが自然体ということです。
無理に、そこに留まり続けようとすれば、自然体でなくなり歪がでます。
進化・成長を妨げることになります。

皆さんも新しい事や新たな想いなど、何かしら変化が出ているでしょうか?
自分の生き生きとした人生を創り出すためにトライしていますか?チャレンジしていますか?
新しい自分、可能性を見出すためにはやってみる、行動してみるしかありません。全てはやってみるところから始まります。
自分の意思を明確にして自分に負けないで下さい。自分を生きる人生にして下さい。

逃げではなく、トライです。今の現状がイヤだから楽になりたいという逃げとは違います。
自分の感情をよく見てみてみましょう。何かを口実に逃げになっているのであればちゃんとそこをクリアーしてから次のチャレンジへ向かいましょう。
逃げではなく、そうしたい、トライしたいという感情であれば、どんどんやってみましょう。
そこにはすばらしい体験と感覚が待っています。
21世紀は個々の質を活かす時代です。いろいろな質を出し合って共存することこそが本来の自然の法則です。勇気を持って自分の意見、自分の持ち味、質を表現して下さい。
必要でないものはこの宇宙に何ひとつとしてありません。

自分の内にある自分を表現する勇気を少し使ってみましょう。勇気のエネルギーとはそのためにあるのです。自分の内にある様々な力、エネルギー。内にしまっているだけで使わなければそれまでです。
何も形として、すなわち結果として創り出すことはできないのです。

自分の意思を強く、勇気を出して行動してみることです。
そして、自分だけでは心細く、自分に負けそうになる、継続が難しいと感じる時、人とのつながりを創りましょう。
同じ方向を見ている人、同じ価値観を持っている人、この人なら信頼できると思う人とのつながりを創って行きましょう。
仲間がいることで支えあい、自分の活力を引き出すことができます。自分の可能性も自分ひとりだけでいては発揮されることはありません。人とのつながりがあってこそ自分の質も見出して行くことができるのです。
こういう時代こそ、本物のつながりが大切です。自分の生きるベースづくりですから。

あなたの求める人とのつながりを広げて行きましょう。
今の自分の周りにいなければ、創って行きましょう。自分が意思を持って望むことです。求めることです。そのように行動することです。
本当の自分を表現しなければ自分の本来つながりたい人々につながることはできません。

自分から勇気を持って行動することで、人や物事を引き寄せます。
少しの勇気を使うことで、たくさんの力が集まってきて、助けられ、自分の可能性も広がって行くのです。
あなたが本当にどうしたいか、どう行動するのかで結果は変わってきます。
自分らしく生きられる人生のステージを創って行こうではありませんか。
そのための変革の時代です。
それが自分の幸せであると共に、みんなの幸せです。

by 杉本 貴子


■ (有)プラネットHP トップページヘ (※新しいウィンドウで開きます)
■ 杉本貴子から皆様に贈るバイウィークリーメッセージへ (※新しいウィンドウで開きます)