杉本貴子から皆様に贈るバイウィークリーメッセージ バックナンバー
  2009年5月16日のメッセージ  

 5月も半ばとなりました。休み慣れしてしまっていると、何かをやるのがおっくうになってしまっていたり、中だるみをする時期でもありますね。

周りの景気や耳に入ってくる情報を見回してみても、良さそうな見通しを感じられなかったり、実際の自分の状況が思うように進んでなかったりすると、余計に気力も萎えてきてしまうものです。

こういう時は、初心を思い返してみるのが一番ですね。
自分の目的、目標、どうしてそれをやろうとしたのか、その時の自分と対話してみましょう。

そして、なるべくネガティブに引きずり込まれそうになるものは見ないことです。例えば、心が沈むようなテレビ番組、ドラマ、ネガティブな愚痴を言う人、ネガティブな情報・・・。

そうでなくても息切れしてきている自分にとって、こういう要素はますます自分をマイナスにし、気力を萎えさせます。わざわざ自分にブレーキをかけるようなことはしない、見ない方がいいです。

意識して、自分の気分をポジティブに持っていけるような番組や情報、人に焦点を合わせ、その機会を増やしましょう。自分をネガティブの中のドラマに引きずり込まれないようにするのです。人は、マイナスのエネルギーに影響されやすいです。一気に、今まで頑張ってきたものをぶち壊す事も簡単にしてしまいます。
自分からそんな風にしてしまうのは何とももったいなくアホらしいことです。

最初の自分の決意や目的を思い起こし、ゴールを段階に分けて細かくし、1つづつクリアーしていけるようにしましょう。
中だるみや息切れをする時期ですが、今こそ粘り強くありましょう。細かいところは少しずつ修正しながら、目標に向かってあきらめず継続して行きましょう。

意気込み高く、目標を決めた頃の自分からパワーをもらい、ポジティブにフォーカスすると、次第に自分の内からエネルギーが湧いてきます。その原動力は、今の自分に粘り強さとやり続ける活力、そして何より結果を生み出してくれる重要な源となります。

自分を元気づけながら、やり続けたものだけが得られる結果がそこにはあるのです。
by 杉本 貴子


■ (有)プラネットHP トップページヘ (※新しいウィンドウで開きます)
■ 杉本貴子から皆様に贈るバイウィークリーメッセージへ (※新しいウィンドウで開きます)